寒天でダイエットパート2

低カロリーの寒天には、多くのダイエット効果があります。
まず、食物繊維の働きが、腸をきれいにして、宿便分の体重を減らすダイエット効果があります。
また、食前に摂ると、食事中に含まれる糖を確認し、包み込んで、そのまま小腸へとゆっくり進み、血液中に吸収されにくくさせます。糖が吸収されにくくなることで、肝臓で糖を原料として脂肪へと変化させる割合も低下。
体脂肪が増えにくくなるダイエット効果もあるんです。
さらに食物繊維の為満腹感が、自然と食事量と全体のバランスをセーブ。無理なくダイエットに導きます。
最近の研究では、寒天が吸収、包み込む物は、糖だけでないことが、わかってきました。
それは、胆汁酸。胆汁酸とは、肝臓内で、溜まったコレステロールを分解した時に作られる物です。
胆汁酸が寒天によって包まれ、体外に出ると、肝臓では胆汁酸不足を認識し、コレステロールを分解し、胆汁酸を新たに作るんです。この繰り返しが進み、結果的にコレステロール量が低下し、ダイエットになるのです。
しかも、コレステロール量が減れば、メタボリックシンドロームも防げます。

ダイエットには粉寒天が使いやすく、アレンジ次第で何にでも入れる事ができます。

タグ:ダイエット

寒天ダイエット

ノンカロリーで食物繊維豊富な食材、寒天はダイエットにも効果的な食材と言えるでしょう。トマト寒天ダイエットというダイエット方法もある。寒天を食べれば何をしても痩せられるわけではなく、摂取カロリーを上回る程食事をしてしまえば意味はありません。主に摂取カロリーを抑える目的で、主食として“寒天”を食べる食事代替食方法と小腹が空いた時や食事前に寒天茶など飲んで暴食を防ぐ方法の二つがあります。意外としられていないもうひとつの役割…食物繊維は消化管内で、糖の吸収を緩やかにしたりコレステロールを吸着、脂肪を一緒に排出したりといった作用もある。寒天茶を飲む場合、食事10分前に寒天茶を飲み水分を多く摂るのが良いみたいです。摂取した寒天が水分で膨張すると、満腹中枢を刺激、ドカ食いを抑えられるようになる。ただし食物繊維は脂肪や糖質の吸収を阻害しますが、同時に他の栄養素の吸収も、阻害してしまいますので過剰摂取はよくありません。食物繊維の過剰摂取で貧血を起こす人もおられるようなので要注意です。 ドカ食い防止のために寒天を摂取するのであれば、残念ながらリバウンドの可能性は否定できません。寒天がリバウンドさせるという意味ではなく、今までの食生活で大きくなった胃袋に、満腹感を感じさせ続けるだけのために、寒天を利用するのでは、ダイエット終了後に寒天やこんにゃくを使わなくなってしまえば、残念ながらリバウンドの可能性は否定できないということです。また、寒天はとり過ぎると必要な糖分などまで摂取できなくなってしまいますので注意しましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。