断食ダイエット

最近のダイエット法は単品ダイエットなどより運動を効果的に行うタイプのダイエットが注目されるようになりました。今まで、基本的に断食ダイエットは健康面を考えるとしてはいけないというのが一般的な考え方です。しかし一方で精神修行等の一環で断食という行為は古くから行われている行為です。また、今では現代の食生活のありかたそのものが疑問視されつつあります。過食暴食などにより胃や内蔵に負担がかかっているということです。断食がダイエットとして改めて認識されつつあるようです。断食ダイエットは断食と半断食の二つに分かれます。まず前者ですが、断食ダイエットといっても完全に断食するわけではありません。一定の水分とダイエット食品のみで生活します。もちろん、長い間の断食はおすすめできません。3日間くらいがお勧めです。あまり長くやると健康を害する恐れがあるので要注意です。断食の目的はやせることだけじゃないのです。普段使いすぎている胃を休ませることが目的なのです。現代の荒れた食生活でぼろぼろになっている体内の老廃物や有害物質を排出するので、体質改善や健康目的になり、ダイエットに適した体になります。つまり、断食自体はダイエットのための前準備と考えるべきでしょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。